とあるコマーシャルで「違いがわかる」という言葉が使われていました。
私たちの生活の中でも「これとこれって違いがあるはずなんだけど」と思っていることはたくさんあります。
もしも子どもから違いを質問されたら困るものなんて、大人になってからもたくさんあるものです。

 

おざなりとなおざりって何が違うの?

世間一般で使われている言葉でも、違いがあまり意識されないまま使われている言葉があります。
代表例として「おざなり」と「なおざり」という言葉をご紹介しましょう。
もしかしたら皆さんも、日常生活ではごく当たり前に使い分けをせずに使ってらっしゃるかも知れません。
しかし「おざなり」は「その場しのぎの対応」、「なおざり」は「放っておくこと」という意味が込められています。
おざなりを漢字で表すと「御座なり」、なおざりは「等閑」になります。
漢字に表すと何となく雰囲気がつかめることがおわかりいただけるかと思います。

 

違いを知ればより物事を深く理解できる

似ているけれどちょっとした違いから、全く違う意味になってしまうことなどたとえをあげ始めたらキリがありません。
「ライスカレー」と「カレーライス」、「大阪」と「梅田」などはその典型例なのかも知れません。
細かい違いを意識しすぎる必要は有りませんが、自分の生活に必要なことの違いくらいはきちんと知っておきましょう。

 

キトサンにも違いがある?

ここ最近、テレビショッピングや雑誌などで数多く取り上げられるようになった「キトサン」という成分があります。
エビやかにの殻から作られるキトサンは、血液上昇を抑えたり解毒や排毒を促す効果がある健康成分として注目されています。
サプリメントに適切な量を配合することによって、健康に役立つと言われているのです。
しかし「キトサン」によく似た名前の「キチン」という成分があることをご存じでしょうか。
実はどちらも同じものではあるものの、厳密に言えば違いがあるのです。

 

どちらがどのような用途で使われているか知られていない

キチンとキトサンは、同じような成分ではあるものの使い道が大きく分けられています。
主にキチンは工業製品に使われたり医療用に使われることの多い成分です。
もちろん人間が食べたって大丈夫ですが、人間の体の中に取り入れるには少しばかり扱いづらいため使われることが少ないのが現状です。

一方でキトサンは、工業製品に使われることもありますがむしろ私たちが直接口の中に入れる成分として使われることが多いものです。
理由は簡単で、加工が施しやすいからです。
キチンとキトサンは科学的な成分である以上、どちらにも加工のしやすさとか特徴というのがあります。
サプリメントの中にキトサンがたくさん入っていることを知っている人は多けれど、どのような目的で使われている物中をよく知っている人は多くありません。
せっかくキトサンのサプリメントを飲むというのであるならば、サプリメント以外でどのような働きをしてどんな使い方をされているかと言うことも知っておいてみてはいかがでしょうか。

 

キトサンについて学んでみよう

今回はキトサンがどのような使い道で使われているのかと言うことについてご紹介したいと思います。
サプリメント以外での使い道を知れば「キトサンってこういう働きを持っているのか」と言うことがおわかりいただけると思います。
もしかしたらこれを元に、新しい商品開発を思いつくかも知れませんよ。